煙草にさよならを告げよ!成功率バツグンの禁煙治療薬チャンピックス

ニコチン依存症の治療

the capsules

禁煙治療薬であるチャンピックスは、具体的には「ニコチン依存症治療薬」です。ニコチンは煙草の主成分であり、愛煙家の人たちが口をそろえて言う「煙草のうまみ」は、すべてこのニコチンによる作用です。
ニコチンは肺に取り込まれ、血管を通って脳にいたり、ドーパミンを分泌させる働きがあります。ドーパミンは脳内麻薬のひとつで、仕事やスポーツなどの達成感、性的な充足感を覚えるときの気持ちよさを司っています。達成感、充足感があるとき、私たちの脳内ではドーパミンが分泌されているのです。
ニコチン依存症になってしまった人は、ドーパミンをたっぷり分泌するために煙草を必要としています。本来なら別のことでドーパミンの分泌を感じられるのですが、煙草を吸う人は喫煙によってそれを得るようになってしまうのです。その結果、煙草がやめられなくなってしまいます。

チャンピックスの主成分であるバレニクリン酒石酸塩は、これを治療する働きを持っています。
バレニクリンはニコチンの代わりに脳に働きかけ、ドーパミンを分泌させます。
ニコチンを摂取したときほど大量ではなく、少量にとどまりますが、とにかくチャンピックスでドーパミンを分泌させられるようになるので、人にとって煙草は無用の存在になるのです。チャンピックスは、「服用しはじめて1週間は煙草を吸ってもよい」という薬ですが、1週間のうちに徐々に煙草のうまみは失われていくでしょう。それは、チャンピックスが煙草のかわりを果たし、体がそっちに慣れるようになるからです。
このようにして、チャンピックスはニコチン依存症を治療していきます。